会見の文字起こしを
3時間以内にお届け

会見全文速報

導入事例

  • 国や業界団体の動向を
    素早くチェックしている
    (大手金融機関)
    業種的に金融庁や日銀動向の常時チェックが必要で、メニューにある「副総理/財務/金融担当相」や「日銀総裁」や全銀協会長」の会見速報を利用しています。
    このサービスは一字一句文字を起こしてくれるので、マスコミ報道で確認できない情報も多いです。うちの部署では必須アイテムになっており、専属の担当者がいます。
  • 国の審議会や他社動向を
    役員に周知している
    (大手通信会社)
    総務大臣諮問機関の情報通信審議会では、経営に直結する「情報流通」や「電波利用」について、重要事項が定期的に審議されています。
    審議会の影響力は小さくないのでそこでどのようなことが話されたのか、会見速報の文字情報で雰囲気やニュアンスを確認しています。
    自社の経営に影響しそうな時は、すぐに役員、関係者らに周知しています。
会見の文字起こしを3時間以内にお届け
会見全文速報