TEL:03-6252-6401

受付時間:10 : 00 ~ 17 : 00
(土日祝、年末年始を除く)

共同通信社の「速さ」が企業を強くする。東証一部上場企業などの約300社が導入。365日、速報最前線。

無料トライアル・お問い合わせ

TEL:03-6252-6401

受付時間:10 : 00 ~ 17 : 00
(土日祝、年末年始を除く)

各メディアに配信しているニュースを原文そのまま
『第一報』として閲覧できる企業メリットとは

自社でトラブルが発生!
メディア対応への
早急な情報収集が必要

常に最新の情報を
取得したいが、
毎日特定の記事を
探すのが面倒。

クライアントや競合他社の
最新情報を取得したい。

自社に関する記事を
まとめて管理したい。

まとめてサポートを実現できる
リアルタイムニュースの機能

通信社の速報力
海外50都市と国内47都道府県の拠点で取材した一日に約1,000本のニュースを、第一報としてリアルタイム配信。
信頼性
通信社として国内、海外の新聞社、テレビ局、ラジオ局、通信社、約350社以上にニュースを配信。
多彩なニュースジャンル
オープンソースでは見つからない多様なニュースを配信。
クリッピング機能
社名、業界、関連キーワード、ジャンル選択など用途に合わせてカスタマイズ。
クリッピングで指定した内容に紐づく記事が配信される毎に、登録アドレスに自動配信。記事の見逃しを防止。

「第一報」を扱うリアルタイムニュースだから
報道される前に自社・競合ニュースを知ることができる!

一般的なニュース・報道の仕組み

一般的なニュース・報道の仕組みの図

リアルタイムニュースでリスク管理&ビジネス拡大

CASE1 不祥事対応

地方支社で不祥事が発生してしまった。
支社との連携に手間取り正確な情報を入手できず対応が後手に…
企業イメージを大きく損なう結果に。

リアルタイムニュースを利用すれば

・ 世界中の自社に関する重大な第一報をほぼリアルタイムで配信!
・ 各報道機関とほぼ同じスピードで情報入手。
・ 事前に十分な対策をしたうえで有事に備えることが可能に。

CASE2 市場・競合調査

膨大なニュースの中から毎回特定のキーワードでの検索が
必要となり、手間と記事の見逃しが発生しやすい。

リアルタイムニュースを利用すれば

特定キーワードで報道を常にクリップ。
必要性の高い情報を事前&網羅的に把握・ストックできる!

社名商品名
業界・業種名機能・ベネフィット

※あくまで例示です。実際のケースとは異なる場合がございます。

無料トライアル・お問い合わせ

東証一部上場企業など約300社にご利用いただいております。(2017年4月現在)

導入事例

飲食業 従業員規模 500名
広報ご担当者様

地震などの災害で甚大な風評被害を受けることがあります。
風評被害に関わる報道を事前に察知、適切な対処ができるよう導入を決定。たとえば、「食品に関して人体に関わる被害なし」との第一報があれば、
積極的に情報発信しています。
リアルタイムニュースでは共同通信社の配信記事を閲覧確認できるので、被害を最小限に食い止めるために非常に助かっています。

製造業 従業員規模 800名
経営企画ご担当者様

自社のPR情報がどのように生活者に届くのか、
モニタリングを目的に導入。新商品販売時には、各報道機関から取材を受けることもありますが、共同通信社の配信内容を元に質問されることも多いので、会見の事前対策としても役立っています。
決算期には、意図していない誤解や数値報告の誤りがないかなどもチェックしています。

リアルタイムニュースだから出来ること

共同通信社のニュース配信サービス
リアルタイムニュース
一般的なニュースサイトを使用する場合
速報性 共同通信社の海外50都市と国内47都道府県の拠点で取材・収集した国内外の情報を第一報として、ほぼリアルタイム配信 共同通信など通信社からの第一報をニュース配信することが多く、タイムラグがある。
独自性 クリッピング機能で自社に関係のある必要性の高い情報のみを自動で取得可能 膨大なニュースの中から毎回特定のキーワードでの検索が必要となり、手間と記事の見逃しが発生しやすい。
過去記事 過去5年分閲覧可能。特定の記事を時系列で追うことも可能。 過去記事は削除されているケースが多い。
スマートフォン
対応
PC版と同じ内容をスマートフォンでも常時閲覧可能。
図。時系列で見やすく表示。リアルタイム自動更新。各ジャンル分けで検索も簡単。記事クリックで全文表示。特定のキーワード検索で、必要な情報だけをムダなく取得可能。

ご利用料金

御見積りいたしますのでお問い合わせください。

無料トライアル・お問い合わせ

導入までの流れ

図。1.フォームまたはお電話でのお問い合わせ。2.無料トライアルのお申込み。3.アカウント開設(トライアル開始)。4.本申し込み。5.ご利用開始。

よくある質問

Q契約前に実際に利用したい。
Aまずは無料トライアルでお試しいただけます。トライアル期間は2週間となります。
Q契約や費用等の詳細をお教えください。
Aご利用料金に関しましては、月額定額でご利用いただけます。
ご契約内容等詳細につきましては、担当の者よりご案内させていただきます。
その他ご不明点等お気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら