危機管理ご担当者向け
サービス

海外リスク情報

導入事例

  • リスク対策部を新たに立ち上げる (機械メーカー/リスク対策部)
    海外で発生する事故・災害・感染症・テロ・大規模デモなどのリスク情報をモニターするために海外リスク情報を導入。
    危機管理担当者が毎日情報をチェックし、自社に関係する情報を役員・関係部署へ通達するなどして社内での迅速な情報伝達に役立てています。
    また、イントラネット上に海外リスクWebサイトを掲載したことで社員が自主的に情報を取得することもが可能になりました。
    特に大きな事案の第一報がいち早く入手できるので、対策を速やかに検討することが可能になりました。
危機管理ご担当者向けサービス
海外リスク情報